スタッフブログ

床の話 [建築マメ知識]

投稿日時:2018/08/15(水) 10:00

今回は、床の話です。

床といっても1階の床のお話です。

木造住宅の場合は、地面から45cmくらいの高さに、木を組んでその上に床を貼るというケースが多いと思います。
鉄骨造や鉄筋コンクリート造の場合は、土間コンクリートというコンクリートの床の上に床仕上げするケースが多いと思います。

建物の強さを評価するときには、この1階の床は、あまり重要視されていません。

だからと言って、それほど重要でもないのかといえばそうではなく、別の大きな役割があります。
例えば、地面からの湿気や冷気を防ぐために、床下にコンクリートの床を設ける場合もあります。
また、床下にしっかり断熱材を敷くことで、室内の温度変化を減らすこともできます。
それ以外にも、床がしっかり水平を保つことができていなければ、そこで生活する人の体調を崩す可能性もあります。


耐震診断の調査に伺ったお宅でよく見かけるのですが、建物が傾いているので、床を直したとおっしゃる方がいらっしゃいます。
建物が傾いているのと、床を直すのは、あまり関係がなかったりします。
本当に建物が傾いているのであれば、床ではなく柱や、壁を直さなければなりませんし、床を直して不具合が改善されたのであれば、それはただ、床が傾いていただけかもしれません。

建物も古くなってくると、床に不陸が生じて、傾いているような気になりますが、それは、でこぼこしているだけで、建物が傾いているわけではないです。
その上、床が傾いているのは、比較的簡単に直すことができるので、それで安心してしまう方も多いです。
建物が傾いているかもと思われる場合は、糸の先端にオモリを縛り付けて、柱の上の方から吊るしてみてください。
傾いていれば、すぐに分かると思います。
何本かの柱で調べてみて、全ての柱が同じ傾向にあれば建物が傾いていますし、バラバラであれば、建設当時から問題があったのかもしれないです。


また、コンクリートの床でひびが多く入っている場合に、不安を感じる方が多いのですが、このひびが原因で、建物が壊れる可能性は低いと思っています。
学校の校舎などは、1階の床に、ひびが多く入っていることが多いです。
特に、地盤が悪い地域の校舎などは、ひびだらけであることが多いです。
それを見て、この建物は危険だから早く建てなおしたいと言われることがあります。
でも、案外このひびについては、設計している側からしてみれば当たり前のことで、それが原因で建物が壊れることはほとんどないと思っています。
ひびの入り方によっては、危険なものもありますが、それについては、専門家が見ればある程度判断は出来ます。


意外だと思われた方も多いのではないでしょうか。
結構奥が深いのです。

«前へ次へ»コメント(0)

名前:
メールアドレス:
コメント:
パスワード:
  • キャンペーン情報
  • 住宅業界ニュース
  • 新商品紹介