刈谷近郊でリフォーム工事と重量鉄骨・高気密・高断熱の注文住宅と木造住宅の耐震改修工事を行います

愛知県刈谷市高松町5丁目21番地

0566-21-6049

営業時間:8:30~18:00

ブログ記事フェレットのいる工務店

フェレットのいる工務店

基礎の話1 [建築マメ知識]

投稿日時:2018/06/01(金) 10:00rss

今回からは、建物の話となります。

まず、建物の土台となる基礎から・・・

建物の基礎といっても、直接基礎、地盤改良、杭基礎などと、ぞの敷地の条件、建物の条件によって基礎の形状は変わってきます。

固い地盤の上に建てるのであれば、直接基礎、軟弱な地盤の上に建てるのであれば杭基礎となることが多いです。
また、木造のように軽い建物であれば、直接基礎となる可能性が高くなりますし、コンクリートの建物になると、直接基礎では難しくなる傾向となります。

では、まず基礎の種類から紹介します。

直接基礎
比較的固い地盤や、軽い建物に使用される基礎工法で、基礎の形状によって、独立基礎、布基礎、べた基礎に分かれます。
工事費としては、独立基礎→布基礎→べた基礎の順に高くなります。
木造住宅の場合は、多少地盤が悪くても、べた基礎にすることで、直接基礎とすることができる場合もあります。

・独立基礎
 柱の下に設ける基礎で、正方形、長方形の形となっている基礎

 こんな形の基礎が、柱の下にあります。

・布基礎
 柱と柱をつなぐ、基礎梁の下に設ける基礎で、建物外周部や内部中央を横断するように設けられている基礎

 逆T型の基礎が、建物周囲にあります。

・べた基礎
 建物の下全体に設けられる基礎で、一枚の盤のようになっている基礎。

 






 
 
建物の下すべてに、コンクリートが打ってあります。

どの基礎を選ぶかは、地盤調査の結果と上部建物の構造、規模により変わってきます。
 

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
パスワード:

0566-21-6049お電話

資料請求

お問合せ