刈谷近郊でリフォーム工事と重量鉄骨・高気密・高断熱の注文住宅と木造住宅の耐震改修工事を行います

愛知県刈谷市高松町5丁目21番地

0566-21-6049

営業時間:8:30~18:00

ブログ個人トップフェレットのいる工務店

フェレットのいる工務店 2019/9

今朝のテレビ

[防災] 投稿日時:2019/09/04(水) 16:59

随分と更新を怠けておりました。

今朝、NHKを見ていたら、”ピンポイント液状化”の特集をやってました。

ある地域の、非常に狭い範囲で起こる液状化だそうで・・・。

一般的に知られている液状化というのは、埋め立て地や、大きな川の周囲など広範囲のものが多いのですが、今朝のテレビで紹介していたものは、昔、池や、河川だったけど埋めてしまった、以前は大型商業施設で地下があったなど、液状化を予想するのがむずかしいケースを紹介していました。

液状化が起きやすい土地というのは、埋め立て地、河川、池、田んぼなどが挙げられます。
上記の場合は、昔の地図などを調べることによって、液状化の可能性を予測することはできます。
ただ、埋め立てて何年も経過している場合、そこに河川や池、田んぼがあったなんて予想しませんよね?

その地域に何年も住んでいれば、昔、そこに池があったような・・・ということはあるかもしれませんが、自分が生まれる前であれば、気づくことは難しいと思います。


私がショックだったのは、ショッピングセンター跡地での液状化。
地階があったため、8mほどの深さまで埋め立てた場所が、液状化してしまったとのこと。
だから、本当に狭い範囲で液状化しているのです。
その場所は、駐車場になっていたので、車が沈んでしまったようですが、これが家だったら・・・。
考えるだけで怖いです。


建物の設計を行う場合は、周辺環境から液状化の可能性を考えます。
もちろん、ボーリング調査を行えば、液状化の可能性はある程度予測可能なので、できるだけお客様にはボーリング調査をお勧めしているのですが、予算の問題、既設の建物撤去前の段階で調査を行うので、重機が入れるかという問題などから、充分な調査ができないこともあります。
また、住宅の場合は、安価にできるスエーデン式という簡易的な調査を選択する場合もあります。
残念ながら、この調査では、液状化の判断が難しいです。

ピンポイント液状化は、各市町村が出しているハザードマップでは表記されていないことが多いので、液状化しない地域だから無関係と思うことなく、もしかしたら・・と思うことも大切なようです。

0566-21-6049お電話

資料請求

お問合せ