スタッフブログ

>> ブログトップへ   >> ブログの一覧へ

<<前へ

地盤の話1 [建築マメ知識]

投稿日時:2018/04/15(日) 10:00

前回までは、どんな所の土地を購入したらいいかについて話をしてきました。

今回からは、すでに土地を所有している場合の話です。

まず、最初にして欲しいのは、地盤調査です。
地盤調査といっても、種類は豊富で、条件によってどの方法で調査を行ったらいいかが違ってきます。

調査を行う前に・・・
・周辺の地盤調査のデータが入手できれば、そのデータから、ある程度地盤の状態を予測します。
・以前、その敷地に建物が建っていた場合もある程度予想することが出来ます。
・昔の周囲の状況なども、参考になります。

上記は、地盤調査を行う際のヒントであり、上記のデータでは設計は出来ません。

次に、敷地の上に何を建てたいかを考えます
・木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造どんな材料で造りたいのか。
・どんな規模の建物を建てたいのか。(何階建ての建物にしたいのか。)

木造の2階建て住宅であれば、建物は軽くなる傾向にあるので、簡易的な調査で、地盤表層を数か所行う方法が選択されやすいです。
逆に、鉄筋コンクリート造3階建ての店舗併用住宅や、倉庫などになると、建物が重たくなりますので、深い部分の地盤を調査できる方法を選択する傾向にあります。


次回からは、どんな地盤調査があるのかを紹介していきたいと思います。

コメント(0)>> 続きを読む

土地の話3 [建築マメ知識]

投稿日時:2018/04/01(日) 10:00

先回は、避けた方がいい地名の話でした。

今回は、いい条件の土地を探すにはどうしたらいいのかお話しします。

お寺、神社の周囲
昔の人たちにとって、神様の祭られているお寺や、神社というのは重要な建物でした。
そのため、災害を受けないように最も良い条件の場所に建てられていることが多く、また、地震で被害を受けないように、固い地盤の上に建てられていることが多いようです。
これらのことに関連して、官庁建物も条件がいい場所に建てられている傾向がある様です。

昔からの集落
これは、昔から何代も同じ場所に住んでいる=災害に遭っていない ということからです。
災害を受けてしまった場所は、綺麗に区画整理され、新しい町並みができます。
綺麗に整備された地域などは、過去に大きな災害を受けているかもしれませんね。


これらのことから、いい条件の土地を探すのって、案外難しいですよね。


避けた方がいい土地だからといって、住めないわけでもありません。
その土地の欠点が分かれば、それに対する対策を考えればいいのです。
その土地の過去を知ることによって、将来起こるかもしれない事柄に対して、対策をとることができるようになります。

次回からは、地盤に対する対策についてお話ししたいと思います。

コメント(0)>> 続きを読む

新人です [フェレット]

投稿日時:2018/03/30(金) 16:44

当社の営業担当です。



なんとも不思議な格好で登場です。

かりん、2か月半の女の子です。
宜しくお願いします。

コメント(0)>> 続きを読む

掲載していただきました [その他]

投稿日時:2018/03/22(木) 16:32

今日は、とっても嬉しいことがありました。

ジャ、ジャ、ジャーン!!





当社で設計、施工した住宅を、住まいのアイディア本に掲載していただきました~。(^^)v

あちこちに、お客様のこだわりが、いっぱい詰まった素敵なお家です。


手に取る機会があれば、是非、目を通してみてください。


 

コメント(0)>> 続きを読む

土地の話2 [建築マメ知識]

投稿日時:2018/03/15(木) 10:00

前回に引き続き土地の話

昔の地図を探すのが面倒、調べたけど地図がみつからなかった人の為に、

2.住所、地名から推測してみる

その土地の住所から、その場所に何があったのか推測してみます。

まず、池、湖、川などという文字が使われている場合は、その場所が水に関係していることが推測されます。
それ以外に、漢字の部首にさんずいが付く漢字が使われている場合も同様です。

田の付く地名も田んぼであった可能性が高いです。

谷の付く地名は、そこが盆地であった可能性を示していますので、要注意です。

また、竜(龍)、鮎、蛇、女、亀、駒、椿、梅、柿・・などの漢字が付く場合にも、過去に大きな災害に見舞われた可能性を示しています。

また、~丘、~台という地名は比較的新しい地名であることが多く、それ以前の地名と変わっている可能性があります。
災害等で、大きな被害が出て、再開発された可能性もあります。


そんなことを調べていくと、どこに住んだらいいの?っていうことになってしまいますね。
次回は、安全な場所は?について紹介します。

コメント(0)>> 続きを読む

«前へ

>> ブログトップへ   >> ブログの一覧へ

  • キャンペーン情報
  • 住宅業界ニュース
  • 新商品紹介